ホワイトニングリフトケアジェル 成分 分析

ホワイトニングリフトケアジェル(シミウスジェル)の成分を分析!

リフトケアジェルの成分

 

>>>ホワイトニングリフトケアジェル【公式サイト】はこちら<<<

 

 

リフトケアジェルは【薬用】なので、まずその有効成分を分析しましょう。

 

 

まず、「有効成分」の定義について、わたしなりの解釈をまず説明しておきますね。
知っているひとは読み飛ばしてくださいね。

 

有効成分=薬用の根拠、公に効果があると認められた成分で効能として表記してよい成分。逆に認められていないものは法律上、効果があると表現してはいけない。

 

・・・でホワイトニングリフトケアジェルの有効成分は2種類です。

 

1,アラントイン

 

2,ブタプラセンタエキス

 

 

有効成分1-アラントインについて

 

一時期から爆発的に人気がでたかたつむりクリームご存知ですか?
凄い効果!と口コミで話題になった理由がこのアライントンなんです。

 

もともとは羊膜の分泌物から19世紀に発見されたものなので、実は新しく発見された成分というわけでもないんですね。

 

アラントインはかたつむりの粘液にも含まれていますが、現在では通常尿素から合成してつくられているものが多くつかわれているようです。
(これを知ってちょっとホッとしました・笑)

 

リフトケアジェルではアライントンは美白の役割を主に担っていますが
実はほかにもいろいろな作用がアラントインにはあります。

 

組織修復賦活作用
抗刺激剤作用
消炎鎮静作用

 

・・・わかりにくい^^;

 

すこし分かりやすく書くと・・

 

皮膚細胞を増殖させて、古い角質が剥がれ落ちるのを助ける作用
+肌荒れ予防、湿疹カブレ予防作用

 

ですね。

 

だから、ニキビなどにも良いらしくて現にニキビ治療薬にも配合されてるそうです。

 

ただし、注意点がひとつ。
アルカリ性のものとまぜると分解してしまうので要注意です。
(こんなに良い成分が消えちゃうのはもったいなさすぎ!)

 

・まとめ
肌の再生を促進してくれるので、ニキビ痕やお肌の傷が治りやすくなる
メラニンを含む角質層を剥がす作用がある。

 

★敏感肌のひとに嬉しい成分

 

 

有効成分2-プラセンタエキスについて

プラセンタはもうアンチエイジングの代名詞みたいになってますよね。
サプリやドリンクを飲むだけではなく、ホワイトニングリフトケアジェルのように表面から塗ることでもどうやら効果が期待できるようです。

 

特にブタ由来のプラセンタは安価ですが、人の肌には一番合うとも言われています。
敏感肌でも使えるように、また毎日使えるようにという点からすると
ベストチョイスだとも言えるでしょう。

 

(馬プラセンタは評判が良いですが、かなり高額になってしまうでしょう)

 

メラニンの生成を防いで、老化の敵=活性酸素を除去。
アラントイン同様炎症を抑える働きもあると言われています。

 

また、プラセンタは美白効果が認められているだけでなく、新陳代謝を促進する
つまり古い角質が剥がれる肌サイクルを回してくれます。

 

さらに、ホルモンバランスを整えてくれるので更年期障害症状の緩和や自律神経を正常にしてくる、疲労回復してくれる、アトピーの改善効果も期待されているなどなど・・

 

まるで夢みたいな成分です。

 

・まとめ
美白するだけじゃなくて、シミの原因のメラニンまで抑えてくれる。
乾燥によってできるしわを防ぐ=美肌効果も期待できて良いことばっかり!

 

★美白と美肌、シミ予防しわ対策・・とにかく凄い!

 

 

以上は個人的にあちこち調べたまとめですので、もしちがう点があったらごめんなさい。

 

 

正確な内容は公式サイトで確認してくださいね。

 

何を配合しているにせよ、効果が実感できなければ意味がありませんけど
ホワイトニングリフトケアジェルに限っていえば、
思った効果を得られたという声が圧倒的に多いのも事実です。

 

しっかりした成分と絶妙な使いごこちは是非試して欲しいです!

 

>>>ホワイトニングリフトケアジェル【公式サイト】<<<

 

 

 


シミウス ジェルの有効成分が変更になりました

こちらの記事で以前に書いた有効成分アラントインですが、

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)がリニューアルして変更になっています。

 

もしかしたら、丁度シミウスジェルという呼び方が一般的になったのは、このリニューアルがひとつのキッカケだったのかもしれませんね。

 

 

アラントインは韓国コスメから人気がでた、肌の活性化、細胞の生成能力をめざすことをメインにしたものでしたが、
リニューアル後こちらがグリチルリチン酸ジカリウムに変更となっています。

 

 

アラントインの時に、敏感肌の人にやさしい成分という説明のしかたをしましたが、グリチルリチン酸ジカリウムはさらに敏感肌の方を意識した処方だと言えそうです。

 

というのも、こちらの成分は敏感肌対応の美白系化粧品にはなくてはならないものとなってきた成分だからです。

 

つまり、シミウス=ホワイトニングリストケアジェルの名の通り、さらに美白に特化したマッサージジェルに進化したという感じなんですね。

 

 

 

稀に、たとえば、アトピーの方がグリチルリチン酸ジカリウムはよくない、危険と仰る方もいますので、
少しそのあたりのことを説明しておきますね。

 

 

アトピーの方って言ってみれば超敏感肌の方ともいえると思うのですが、効果の高い処方としてステロイド剤がお医者さんから出されることが多いといのはご存知でしょうか?

 

これは、症状がでないように、なかば強制的に抑えてしまうような効き方をするお薬だそうで、本当の意味でアトピーが治るわけではないのだそうです。

 

そして、常用しないとすぐアトピー症状が繰り返すために、やめることができなくなってしまうのが怖いところとのこと。

 

 

 

そこで脱ステなどといって、ステロイド剤にたよならい改善方法を模索している方がおおいんですね。

 

 

このステロイド剤にすこし似た働きをするのがグリチルリチン酸ジカリウムなので危険と言っているようなのです。

 

 

ですが、このグリチルリチン酸の副作用というのは、実現不可能な位に大量に摂取した場合にでるというレベルのものなので
危険という声がきかれるわりには、実際に「こんなになっちゃいました」という書き込みが全く見当たらないんです。
(少なくとも私には見つけられませんでした)

 

 

逆に、この成分を使っている有名メーカーの高級美白化粧品には、必ずといっていいほど目玉成分的な扱いとなっているんです。
(高額な育毛剤にも配合されています)

 

 

以前、白抜けで社会問題規模になったのを見ればわかるように、化粧品会社が簡単に副作用がでるような成分を化粧品に使うということは考えられないわけです。

 

 

ということで、グリチルリチン酸ジカリウムは美白のため、また消炎効果が見られる成分として使わないのはもったいないということになります。

 

厚労省でしっかり認可をしている成分でもありますから、もともと成分自体の危険性は相当に低いのは明白なんですけどね。

 

 

因みに、これは合成成分ではなく甘草(カンゾウ)という植物から抽出される天然由来成分です。

 

 

有名メーカーの美白化粧品にも配合!グリチルリチン酸入り!
>>>ホワイトニングリフトケアジェル【公式サイト】<<<


 
top シミウスが楽天よりお得 男性もシミウスを? 成分分析 販売店まとめ 定期解約について